• トップ /
  • 家探しに影響する業者の担当者

家探しの際の担当業者とは

家探しに影響する業者の担当者

家探しで役に立つ担当者

家探しは業者の担当者により、結果が大きく異なります。新築の場合は住宅メーカーなどの営業マン、中古住宅の場合は不動産会社の担当社員の力量が大きく関わってきます。家探しの業者には多くの担当者がいますが、その中でも行為成績の社員は引き合いが殺到し、常に忙しい状態です。だからと言って、成績の悪い人に担当してもらうと、良い住宅が探せるかどうかは疑問になります。家探しを成功させるには、業者が大きいことや有名なことはほとんど関係がなく、どんな担当者に依頼するかで結果が決まります。家探しの要点は、良い担当者を見つけることと言っても過言ではありません。家探しでは、資格の所有は問題ではなく、人脈や情報量、人柄などが結果を左右します。良い担当者は偶然に見つかることは少なく、人づてに紹介してもらう方法が効果的です。腕の良い社員を見つける一つの場として、住宅展示場があります。住宅展示場は良い住宅を探すためばかりでなく、良い営業担当を見つけるのも目的の一つです。良い営業担当は専門知識が豊富で、住宅に対して独自の見識を有しています。単に成績が良いだけでなく、見識を持って仕事をしているかどうかが判断材料となります。それを見分けられるかどうかで、成否が決まります。

↑PAGE TOP