• トップ /
  • 家探しで業者に支払う費用

不動産業者の価格帯

家探しで業者に支払う費用

家探しでの仲介手数料

賃貸物件の仲介手数料は、家賃の1か月分が最大です。しかし、家探しで仲介業者に支払う仲介手数料は、「物件価格×3%+6万円」です。3000万円の物件なら96万円ですが、これに8%の消費税がかかるので、100万円を超えます。家探しで業者に支払う費用としては、仲介手数料のみとなります。それ以外に報酬などをとってはいけないようになっているので、不明瞭な手数料などをとられる業者があったら注意をしておきましょう。注文住宅などではこの費用はかかりません。あくまで不動産会社が仲介した場合にかかる費用となっています。家探しでは、仲介手数料がかからない物件を選ぶということも、1つの選択肢です。例えば、3000万円の物件は、担保としての価値も3000万円であると期待できます。しかし、仲介手数料については、なんら資産形成にはつながらないお金です。仲介手数料のおよそ100万円を節約して、業者が直接売っている新築の一戸建てを3100万円で購入したほうが、資産を増やせることにつながります。もちろん、中古物件の場合には仲介手数料を支払うことは避けられないでしょうから、必要経費として考えなくてはなりません。家探しでは、トータルのコストについてもしっかりと考えておきましょう。

↑PAGE TOP