• トップ

家探しの業者を選ぶポイント

不動産業者を見分けて家探し

良い不動産会社で家探し

家探しをする時に、良い不動産会社であるかどうか見分けるポイントとして、不動産会社の看板や窓ガラスが薄汚れていたり、資料などがデスクの上に散乱している店で、不動産業者もお客の物件探しを積極的にしていなくて、お客に不快感を与えるような接客をしてくる場合は避けたほうがいいです。家探しをする時に、物件広告のチラシが不動産会社の店頭で貼られていることがありますが、掘り出し物件、激安などの不動産公正取引協議会が禁止している単語が並んでいる不動産会社であるかも、良い不動産会社であるか見分けることができるポイントで、法令違反を気にしていない不動産業者が接客する可能性もあります。法令を気にしていない不動産会社では、申込書が乱雑に積まれていて個人情報が管理されていなかったり、担当の不動産業者が書類を紛失してトラブルに発展してしまうことがあるので、店内の整理整頓が行き届いているかも確認するも重要です。家探しで不動産会社を探す時のポイントとして、希望条件だけでしか探そうとしない不動産会社では、目当ての物件に巡り合える可能性が低いと言われているので、担当の不動産業者が生活や好みなど細かく聞いてくれるかも確認するのも手です。

↑PAGE TOP